スプラトゥーン2で連敗モードになる理由は任天堂のせいではない


2000以下は人口少ないので
ヤバい奴が多い時間帯は
ヤバい奴と連続して
マッチングしやすい
確率的に連続してヤバい奴を
味方に引き続けることも
ありうるわけでそういうときに
連敗マッチングを感じる
また底辺は再計測狙いの
投げやり勢も多く
運ゲーになりやすく
頑張りが結果に結びつきづらい
同じステージを2時間回すわけで
その時間帯の編成や立ちまわりが
かみ合ってない場合もある
これらの複合的な理由が
重なってどうしようもない
連敗モードになるのだろう





  • 過去32戦の勝ち越し数を元に
    勝ち越してるプレイヤーは
    負け越してるプレイヤーを
    マッチングさせて調整してる
    説があるがこれはあり得ない
    なぜなら単に適正レート帯にいれば
    自然と勝率5割になるし
    上に行けば勝率は下がり
    下に行けば勝率はあがり
    自然と5割に収束するため
    わざわざそのようなマッチング
    手法を取り入れる必要が無い




    メンバーを集める時点で
    そんな事はしてないだろうが
    集まった8人の中から勝ってる奴に
    ゴミを宛がうマッチングは
    むしろしなきゃ成り立たない
    けどやめろ




    チームのレートが等しく
    なるように分配してるんじゃね




    それはない
    勝っても負けてもパワーが
    5しか動かなかったり
    30近く動く場合もあるわけだから
    パワーのバランス調整はしてない
    基本的にパワー300程度の幅から
    8人集めてブキで分けてるだけだろう
    それでも勝率は自然と5割になる




    大きく値動くのは
    一人飛び値のパワー持った人が
    混じってる可能性あるぞ




    仮に、自分のパワーと相手チームの平均
    自チームの平均を考慮して
    獲得パワーを計算してるとする
    両チームのパワーの平均を
    同程度にしてるなら
    自分のパワーが平均パワーと
    同程度なら獲得パワーは
    同程度になるはず
    しかしそうはなっていない




    まず勝った時のレート計算って
    個人のレートによるのか?
    よらないんだったら
    その議論は無意味やん



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。